44666048 – earth
 プロジェクト探求型教育で
 非認知能力(EQ)を育む
エミ・パレット幼児教室

エミパレット幼児教室
コンセプト


幼児期の考える力を育て自ずから学ぶ土台作りができる教室

レッジョエミリア教育を行っている文京区の幼児教室はここだけ

エミパレット幼児教室

このような方向けの幼児教室です

エミパレット幼児教室 レッジョエミリア

【1】子どもに五感をたくさん使わせたい
【2】文京区で通える習い事を探したい
【3】子どもの個性と創造性を伸ばしたい
【4】専門知識がある先生に教えてもらいたい
【5】子どもの考える力をつけたい
【6】子どものコミュニケーション能力を養いたい
【7】子どもの人間性を養いたい
【8】粘り強さや好奇心を育みたい
【9】非認知能力EQ能力を伸ばしたい
【10】子どもの表現力をつけたい

エミパレットのプロジェクト探求学習

私達のレッスンは、文部科学省が推進する国際バカロレアに基づくPYPのテーマを扱います。

国際教育の文脈において不可欠とされる人間の共通性に基づいた6つの教科横断的なテーマが中心となっており、そのテーマの根幹をレッジョエミリア哲学が担います。

主なプロジェクト探求は

・私たちは誰なのか
・私たちはどのような時代と場所にいるのか
・私たちはどのように自分を表現するか
・世界はどのような仕組みになっているのか
・私たちは自分たちをどう組織しているのか
・この地球を共有するということ

エミパレット幼児教室
得られる事

 【これからの時代のアクティブラーニング】

エミパレット幼児教室

【1】子どもの個性がわかる・伸びる
【2】子どもの好きがわかる
【3】子どもの感性と観察眼・表現力が育つ
【4】子どもの思考力が育つ
【5】保護者も専門的な知識がにつく
【6】講師と共に共に子どもたちの育ちを共有できる
【7】子どものEQスキルが磨かれる
【8】仲間とのコミュニケーション能力が上がる

エミパレット幼児教室とは?

世界的なレッジョエミリア教育法を行っている文京区の幼児教室

日本では親が子どもたちに求めるものは、子どもの年齢に応じて変化することがわかっています。
就学前であれば、主に道徳心など心を育てるところに重きをおいている一方で就学していくと一転して受験の為にIQを重視してしまう傾向があるようです。
その選択は日本文化の中ではそうせざるを得ないというべきかもしれません。
教育の将来ビジョンであるOECD EDUCATION 2030の発表によりますと、
子どもの教育にはIQだけではなく、EQ(心の知性)=人間性も重要視されるようになるため、非認知能力を伸ばす教育がますます重要となります。
近年では保育園、幼稚園だけでなく小学校の指導要綱の中で「学びに向かう力」を方針に加えています。
この力は好奇心や協調性、自己コントロール力という非認知能力(EQ)ですが、自律的に学んでいく力でもあり、子どもたちがいくばくの障害を乗り越えられる大きな力となるだけでなく、将来のIQ認知能力を上げるものでもあります。
目に見えない数々の心の知性ですから、遺伝的な要素が大半であると思われがちですが、実は集中力・挑戦力といったものは幼児期にどれだけ質の高い遊びをしたかによって磨かれるスキルであることもわかっています。
教育界全体が変革期の真っ只中にいる中で、私は子どもたちの貴重な幼児期という時期に「子供達自身が」「豊かに」「展開していける」遊びの環境づくりを今までの私の教育経験と専門家の方と協働で行おうと思いました。

エミパレットという名前は レッジョエミリアアプローチの『エミ』と日本語の『笑み』の両方の意味を込めて名付けました。お子様の笑顔を創造する機会をもち、パレットにのせる様々なカラーのように子供の個性と成長を後押しする名前になっています。

エミパレット幼児教室 レッジョエミリア

エミパレット幼児教室
コース紹介


世界的なレッジョエミリア教育・少人数で
自分で展開する遊びの中で学びの質を高めて非認知能力(EQ)を育む教室

レッジョエミリア アプローチクラス(週1コース)

エミパレット幼児教室

レッジョエミリア アプローチクラス

五感や感性を生かして、子どもの100の表現と言葉を、対話を通じてより探究を深めるクラスです。

エミパレット幼児教室のレッジョエミリア教育風景

レッジョエミリア教育法とは?


レッジョエミリアアプローチは子ども主体のプロジェクト探求型教育で、大切な三本柱で成り立っています。
イタリア発祥の教育アプローチで世界最高峰の教育といわれ、ディズニーやグーグルといった企業保育内でも導入されています。大人との対話を通して、周りに存在する人・モノを感性をたかめ、目や心で聴いて、気づきながら、自分自身で物事の探求を繰り返し、深めていきます。

エミパレット幼児教室レッジョエミリア教育法

世界最高峰の教育といわれている理由

<1>子どもの権利を大切にしている点
子どもの時間、表現や感情など子ども主体を尊重しています。


子どもの学びの質を上げるアプローチである点
大切なのは成果物だけではなく、教え方でもなく、子ども自分自身でどう学んだかです。すでに決定したカリキュラムはなく、興味・関心・疑問・気づきをもてたテーマを、専門のアトリエスタ(美術専攻の講師)、ペタゴジスタ(教育学士)がサポートしながら、数か月の単位で進めるプロジェクト活動は思考するために必要な主体的な探求心を育てることができます。


幼児期からの”対話”で非認知能力を育てられる点
人が幸せであるためには、学力要素IQ(認知能力)だけでなく、自己コントロール力や他者との協調性、自尊心といった心の知能EQ(非認知能力)が必要であることが研究でもわかっています。
バランスよく育ったEQがIQや子どもの持っているそれぞれの個性・能力を相乗効果で高めることができるのです。
そのEQも幼児期からの環境の中で育むことが望ましく、自分の感性や存在を”対話”を通し、大切にしてくれる同世代の友達や専門性のある大人がいる環境の中で、人の存在・身近な物・文化の尊さを学び”傾聴力””共感力”を磨きながら”社会性”を育むことができるのがレッジョエミリアアプローチです。


ドキュメンテーションで大人も共感力を高められる点
子ども達の学びのプロセスを記録(ドキュメンテーション)に残すことは、親、周囲の大人が、子どもの心・個性などへの共感性や教育に関して考える機会への貢献ができます。子ども達の教育は”習い事”ではなく、普段の生活の中でこそ大切なものです。三位一体の教育環境を広げていくことは子どもたちの幸せを支えることにもなります。

レッジョエミリア教育法

非認知能力とは?

非認知能力は自分、もしくは他人に関係する心の能力のことです。心の知性(EQ)とも言われています。具体的には、学びに向かう力,自己の感情や行動をコントロールする能力,他の人と協働する力などがあげられます。専門的には非認知能力を社会的情緒的スキル、実行機能を区別して考えられています。近年では、そのうちの実行機能が
非認知能力向上に関わっているといわれて、その実行機能を高めるための方法が研究され、客観的なデータをどのように取得していくか課題とされています。

非認知能力の存在は、2000 年にジエームズ・J・ヘックマンが、幼児教育の介入・投資効果として、子供たちの人生に影響を与えるのは、IQ数値で測ることのできる認知能力というよりも非認知能力であるという結果を発表したところから、広く知られるようになりました。2015年、ОECDは調査報告書「社会を発展させる技能/社会的情緒的技能の力(SkillsforSocialProgress/The Power of Social and Emotional Skills)」の中で個人の幸福(well-being)と社会の発展を牽引するのは非認知能力であることを示しました。


 日本でも文部科学省は,2020年の教育要綱改革案の中でも育成すべき資質・能力の3つの柱の1つとして非認知能力の力の必要性を加えています。「どのように社会や世界と向き合うか」心のあり様や学ぶ土台として非認知能力を位置づけています。同じく、幼稚園教育要領,保育所保育指針には,「自分の気持ちを調整する」ことや、「友達と折り合いをつける」などの非認知能力に関わる内容が盛りこまれています。

エミパレット幼児教室 お問い合わせ

文京区の幼児教室エミパレットへの
お問い合わせ、ご相談はこちらへ

エミパレット幼児教室
オンラインコース

ビジュアルアートクラス(対話型鑑賞)(月2回)

エミパレット幼児教室ビジュアルアート

ビジュアルアートクラス(対話型鑑賞)
<オンライン講座

知覚力UPの効果をうけハーバード大学をはじめ、海外の美大でも導入されている対話型鑑賞法です。
絵画を鑑賞するだけの感想会ではありません。
視点を変え、発想や考え方を豊かにするアクティブラーニングです。
これからの時代は不正解・正解はないため、より自分の考え・意見に根拠をもつことが大切です。
根拠をもつことで、自分の考えを明確にし、わかりやすく伝えることが出来る点や、他の人と意見交換することによって、新たな発見や創造性につなげることが出来る点が魅力のクラスです。
知覚力UPの効果をうけハーバード大学をはじめ、海外の美大でも導入されている対話型鑑賞技法です。(月2回)

エミパレット幼児教室 英語多読
ビジュアルアート マインドマップ化

活動所在地|アクセス

東京都文京区大塚3-11-2 詳細はお問合せください。

エミ・パレット幼児教室
料金(月額)

【1】レッジョエミリアクラス 月3回コース                         詳細はお問い合わせください
【3】ビジュアルアート(対話型鑑賞)クラス(月2回)6,000円

エミパレット幼児教室
申込から提供までの流れ

申込の流れ

【1】ホームページのお問い合わせにアクセス
【2】エミパレットより必要事項・日程調整の確認メールがお客様に届く
【3】体験・入会
【4】必要書類の手続き
【5】入会


申込特典


・兄弟入会は入会金半額適用!
・特別体験期間はプレゼントあり!

エミパレット幼児教室 お問い合わせ

文京区の幼児教室エミパレットへの
体験・お問い合わせ、ご相談はこちらへ

よくある質問

【Q】場所は固定で行いますか?
【A】主な活動場所は決まっています。
変更する場合はラインやカレンダーにてお知らせいたします。

エミパレット幼児教室
概要

【教室名】エミパレット幼児教室
【活動拠点】東京都文京区大塚3-11-2
【営業曜日】営業曜日:月・火・水・金 10:00-17:00
【休業日】木曜日・土日